展示「富野由悠季の世界」に行ってきました!

富野由悠季さんといえば映像界では超有名人。

名作、機動戦士ガンダムシリーズの演出家といえばその人です。

兵庫県美術館にはものすごい数のファンが来ておりました!

(愛知での開催はありませんでした)

 

その経歴をたどりつつ作品を紹介する展示でしたが、とにかくめちゃめちゃ長い。

けれども全く飽きることなく、気づけば3時間が過ぎていました!時計見てびっくりだよ!

 

それもそのはず、この展示は

さかのぼること、富野氏・小学校時代から始まります。

 

これから行く方もいると思うので詳しくは書きませんが、

現在78歳の富野さんの演出家人生はもうその頃から始まっていたんです。

 

 

 

最初は正直天才としか思えなかった、「これは天才だからできたこと」だと。

でもガンダムに至るまで、ましてやそれ以降も、

徹底的に原理原則を学びそこに時代を取り入れる姿勢は圧巻です。

これは「天才」の「センス」だけではなし得ることはできない。

この人は本物のプロだと痛感しました。

 

 

 

 

実は映像のプロでも基礎知識のない人は実は山ほどいます。

私たちにとって映像の制作は単純に「撮ってつなぐ」だけの作業ではありません。

 

そこには、

人が意思を持ち脳に伝達して手を動かすように

ラーメンにお湯を注いで3分待つと完成するように

原則が確かに存在します。

 

 

 

何も勝手に手が動くわけではないし、放っておいてもラーメンはできないのです。

“このカット(映像)の次にはこういうカット(映像)がくる”という原則があります。

 

 

 

 

だから私たちの仕事は大変なんだ!と主張したいわけではありません。

仕事はなんでも大変です。業界に関係はありません。主婦も子育ても大変です。

 

 

 

 

誰でもスマホで動画が作れる時代に、私たちはプロとしてどうあるべきかを問われています。

今一度、原点に帰ることでPAQLAは新しい時代との共存をしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに富野さんは現役で最新のアニメーションを担当していらっしゃいます。

!!!!!

 

ご関心のある方はぜひ今後の開催地へ

「富野由悠季の世界」

1枚目 ポーズを決める小塚   2枚目 感激して目を瞑り悟る小塚